2015.10.09 Fri

台湾215日目、北投で足湯

日本から遊びに来た友達が北投へ行くというので、例によってのこのこと一緒について行ってみました。

北投は台北市中心部からMRTで行くことができる温泉地で、台北駅からだと40分ほどで着いてしまいます。かつて日本統治時代に開発されたのがはじまりで、戦後は一時廃れましたが、最近また台湾でも温泉の地位が向上してきているようですね。健康ブームの一環かな。

北投

そのような歴史的背景から、駅からすこし歩いたところに日本資本・日本風の温泉旅館がたくさん並んでいます。温泉といえば日本。加賀屋や瀧乃湯が有名ですね。

北投

わかりにくいですが川から湯気が立っています。
温泉地っぽい!でもここには入れません。

で、はじめは千禧湯という水着で入る混浴の公衆浴場に行くつもりでしたが、今日は連休初日ということもあって長蛇の行列のため予定変更。ここの混み具合はよくニュースで見るので僕も賛成です。

とはいえ他に男女一緒に入れそうなところもなさそうなので、すこし離れたところまで歩いて足湯だけして帰ることにしました。

泉源公園温泉泡腳池園区

北投には無料で入れる足湯場が何箇所かあります。ここもそのなかのひとつで、泉源公園温泉泡腳池園区というところ。地元のひとたちで賑わっている雰囲気で、すくなくとも日本人は僕たちしかいなさそうでした。

駅から徒歩15分ほど。
路線バスもあるみたいです。

足を洗う

手汲みポンプで足を洗ってから入ります。
サンダルを持ってきた方がいいかも。

足湯

きたなくてすみません。

ここのお湯はめちゃくちゃ熱くて、50度以上。注意書きに「15分以上入るときは休憩を挟んでね」というようなことが書いてありましたが、15分以上入ってられません。あとで調べてみたら、他の足湯場はここほどには熱くないようですね。

中国語ですが参考に。

ちなみに以前、シエナのところの社員旅行で温泉に行きましたが、北投駅からはかなり離れた山手の方でした。そのときはそこも北投温泉だと思っていましたが、エリア名としては紗帽山温泉ということになるみたいです。車でしか行けない場所ですしたが、そこも地元向けな雰囲気でよかったですよ。

加賀屋のような高級旅館もよいですが、ローカルな雰囲気を楽しんでみるのもよいのではないでしょうか。と台湾ブログっぽいことを書いてみて今日はおわり。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台北から1時間!ひと風呂浴びたくなったら礁溪温泉 僕が住んでいる部屋には浴槽が付いていません。安く住めているので贅沢は言えませんが、やっぱりたまにはゆっくり湯船に浸かってリラックスしたいものですよね。 とはいえ、台湾には銭湯などというものは存在しません(あったら教えてください)。サウナ(スーパー銭湯)はありますが、街中の […]
  • 台湾295日目、新年快樂! あけましておめでとうございます! 2016年もどうぞよろしくお願いいたします。 年末年始は地元大阪で過ごしていました。名残惜しいし、やり残したこともあるのですが、月曜から学校の授業もあるので早々に台湾に戻ってきました。 大阪では、 台湾人がたくさん宿 […]
  • 台湾227日目、作文の宿題 家でウェブサイト制作の仕事をしつつ台湾師範大学の語学センターに通っているナックルです。こんにちは。ときどき言っておかないと何してるのかよくわからなくなるので一応念のため。 今学期は毎日、ちょっとした作文の宿題が出ます。作文といっても大した量ではなく、その日に習った単語の中から […]
  • 台湾235日目、外国人の中国語 なんか知ってる人が酷瞧(ku […]
  • 台湾254日目、プレゼン課題とピザ 台湾師範大学語学センターの授業にはプレゼン課題というものがあります。1人だいたい10分間程度の時間を使って、みんなの前で発表をするわけです。もちろんすべて中国語。密集班(インテンシブコース)だと必ず毎学期に1度はありますが、普通班(レギュラーコース)の場合はよくわかりません。 […]
  • 台湾303日目、言語交換今日は無し ここ最近、毎週月曜はお昼過ぎからスタバで台湾女子と言語交換をしています。中国語を教えてもらったり、日本語の質問にいろいろ答えたり。ウェブ関係の同業者でもあるので、言語交換といっても仕事の話ばかりしていることも。 で、今日も学校の授業が終わったあとスタバで待ってたのですが、 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です