2015.10.10 Sat

台湾216日目、台湾麻雀

日記を1日飛ばしていることに気づき、5日経ってからこの記事を書いています。こんにちは。

この日は土曜日。友達の友達の台湾人の家へおじゃまして、台湾麻雀を体験しに行ってきました。日本式麻雀すらゲームでたまにやるものの実際の牌でやったことはほとんど無いので、卓を囲むのはちょっと緊張。

麻雀

ぱっと見、あまり日本式と変わりませんが、捨て牌は自分の前に並べず真ん中へまとめて捨てちゃいます。相手の捨て牌を見て手を読んだりとか、そういうのはあんまり重視してない感じ。

ざっと聞いた台湾式麻雀の特徴は

  • 日本式の136枚に花牌8枚を加えた144枚で行う。
  • 親決めなどに使うサイコロは3つ。
  • 手牌は16枚。17枚(5面子1雀頭)で上がる。
  • 花牌が手にあったら場に置き、あらためてリャンシャン牌からツモる。花牌が7枚になったら役になるが、7/8枚なのでかなり難しい。
  • 役の種類は日本とかなり違う。
  • 役が無くてもロン上がりができる。チー・ポン・カンしててもできて、食い下がりも無い。
  • リーチが無い。
  • ドラが無い。
  • フリテンが無い(そもそも捨て牌に誰が捨てたかの区別が無い)
  • 点数を計算するとき日本式は符・飜を使うが、台湾式は台(タイ)が役の単位。
  • 同巡内で先に捨てられた牌と同じ牌をポンすることができない。

他にもあった気がしますが、だいたいこんな感じ。Wikipediaに書いてあった標準ルールを見るとちょいちょい食い違ってるところがあるので、たぶんローカルルールがたくさんあるのだと思われます。

麻雀牌

牌も日本式麻雀に比べてかなり大きい。

役やフリテンを気にしなくてよいので、僕みたいな麻雀初心者でも気軽に遊べるゲームになっています。ドンジャラと日本式麻雀の間みたいな感じ。台湾の家庭で広く楽しまれているのも納得です。あとから日本式麻雀もやってみましたが、僕には台湾式の方が向いてるなあ。捨て牌見ても相手の手とか読めないし。

蜂蜜ビール

麻雀のあとは熱炒。
夏までの限定品、と勝手に思い込んでいましたがわりとずっとある蜂蜜ビール。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾219日目、ダーツボード設置 友達が日本に帰ってしまって、再びひきこもり生活。 日本から買ってきたダーツボードをやっと設置。 凹凸のある壁紙なので粘着フックだと支えきれないかなーと思っていたのですが、ボードをよく見ると2箇所で掛ける構造になっていたので、どうせ落ちて壊れても3,000円だ […]
  • 台湾183日目、エビ釣り 学校の友達をむりやり誘って、この半年間ずっと行きたかったエビ釣りへ。 エビ釣りは台湾ではわりとメジャーな娯楽。故宮博物院の近くの川沿いには大きなエビ釣り場がたくさんあります。もともとはそこへ行こうと思っていたのですが、授業のあとに行くにはちょっと遠いね、ということで台北市 […]
  • 台湾42日目、クラブへ行く 今日の授業が終わったら学校は5日間のお休み。清明節というらしく、この時期に台湾の人はお墓参りをしたり実家に帰ったりするそう。日本のお盆みたいな感じ。こないだ旧正月が済んだばかりなのにね。 毎日スタバではお金がかかるので、今日は学校の図書室で勉強。この図書室は大学の […]
  • 台湾169日目、ビリヤードとダーツ Bar18で知り合った人たちにビリヤードに誘ってもらったので、とりあえずの仕事を片づけたあと行ってきました。この時点で夜12時。みんな遊ぶなあ。 駅でいうと民權西路と中山國小の間にある、J-STAR撞球概念館というところ。概念館ってすごい名前だなあと思ったら、ビリ […]
  • 台湾74日目、淡水クルージング 大家さんが淡水で船をチャーターしてクルージングパーティをするというので、のこのこと着いていく。参加者を見たら予想通りほぼ全員台湾人だったけれど、もはやそんなことは気にしない。 淡水は台北ステーションからMRTで40分ほどのところにある港町。紅毛城やら洋館やらロケ地見学やら […]
  • 台湾24日目、テニスが上手くならない 午前中ちょこっと部屋で仕事したあと、午後からテニスサークルに途中参加。2週間空いただけで全然打てず。いや、もともと打てないのか。 テニス後の飲み食いにも混ぜてもらう。 今日は日本に帰ることになった人の送別会も兼ねていたらしく、いつもよりちょっと料理が豪華。人事異 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です