2015.09.25 Fri

台湾204日目、師大へ郵便を送る&受け取る方法

以前すこし書いたかもしれませんがもう一度。

実は、台湾師範大学の語学センターで学んでいる留学生には学校宛てで手紙や荷物を送ることができます。ゲストハウスを転々とするなどして住所が定まらない留学生もいるかもしれません。そんな場合は学校宛てに送るとよいでしょう。

宛名の書き方

学校の住所・学生の名前とともに学籍番号(學號)を書かないといけないので、あらかじめ受取人に確認しておく必要があります。サプライズはできませんね。

台北市和平東路一段162號
國立台灣師範大學國語教學中心
山田太郎 學號000000000

これで届きます。
上記は繁体字ですが、日本の漢字で書いてもたぶん問題なく届くと思います。

ちなみに日本から台湾へ送る場合の料金は、定型郵便物で90円、1kgの小包で1,500円程度のようです。あくまでも目安なので、郵便局などで直接確認してくださいね。

手紙の受け取り方

台湾師範大学の語学センター9階にメールボックスがあります。

メールボックス

メールボックスといってもただの引き出しなのですが、この中に「日本、韓国、印尼(インドネシア)、越南(ベトナム)、泰国(タイ)」とラベルに書かれている引き出しがあります。

メールボックス

ここに上記国籍の学生宛てに送られてきた手紙がまとめられます。全部ひとまとめ。

このメールボックス、いちおう学校側から簡単な説明はあったような気がしますが知らない人も多いようで、古い手紙がずっと残っていたりします。心あたりのある人はときどき覗いてみましょう。

荷物の受け取り方

手紙はこの引き出しから直接受け取って終了ですが、荷物の場合は、黄色い通知書が引き出しに入っています(上記の写真にも2枚入ってる)。この通知書を6階の事務所へ持って行くと、学生証で本人確認したあと荷物と引き換えてくれます。

この仕組みがあるなら手紙もそうするべきではないか?と思うかもしれませんが、僕の自宅も郵便物はみんなひとまとめにして積んでいたりするので、これが台湾の感覚なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾239日目、はじめての郵便物 今度は何か壁に棚とか付けたりし始めた、我が家のエントランス。そういう造作をするなら、床を張るのは最後でよかったんじゃないのかなあ。入居してもう7ヶ月になりますが、工事は終わる気配がありません。張ったばかりの床、すでにボロボロ。 一方、郵便受けはいまだに設置されない […]
  • 台湾155日目、郵便物が受け取れない 僕が住んでいる建物には、まだ郵便受けがありません。 なので郵便物は床に配達。 (ドアはオートロック) これをいつのまにか誰かが建物内の棚に集めてくれているのですが、雑然としすぎてどれが誰の郵便物なのかさっぱりわかりません。他の入居者もそうらしく、誰 […]
  • 台湾48日目、日本から物資が届く 今週金曜のプレゼンテーション課題がなかなかのプレッシャーで、今週はそれにかかり切り。僕は以前ハリネズミブログを運営しておりまして、今回のプレゼンのテーマもハリネズミ。台湾でもハリネズミ普及活動に努めております。 日本の友達から物資が届きました。友達の子供の手紙も入 […]
  • 台湾226日目、EMSで日本へ書類を送る 日本の取引先へ書類を送ることになったので、郵便局へ。 ふだんのお仕事でも請求書を発行していますが、毎回郵送は面倒なのでPDFの請求書をEメール添付で勘弁してもらっています(ちなみに請求書は押印無しでも法的には問題ありません)。今回はちゃんと押印した書類が必要なので、郵送す […]
  • 台湾196日目、同学ブロガー 僕と同じ時期に台湾に来た日本人がひとり、学校の僕と同じフロアで勉強しています。 台湾師範大学の語学センターには他にもたくさん日本人がいるわけですが、彼は比較的僕と歳も近く、同業者でもあり、いろいろと状況が似ているのでよく情報交換をさせてもらったりしています。 彼もブログ […]
  • 台湾186日目、発音の授業 台湾師範大学で中国語の勉強を始めてはや6ヶ月ですが、いまだに発音がめちゃくちゃ。 思えば日本では出発前に2ヶ月ほどNHKの中国語講座を見るくらいしか準備して来なかったし、師大の密集班(インテンシブコース)はガンガン教科書を進めていくのでちゃんと発音を習う機会はありません。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です