2016.06.04 Sat

台湾の代理購入サイト「跑客幫」でお小遣い稼ぎを試してみた

腰かけ気分で台湾で暮らし始めて1年4ヶ月目のナックルです。

台湾に住んでいるといってもわりと頻繁に日本へ帰っているのですが、日本に行くことを台湾人の友達に話すと「じゃあ○○買ってきてくれない?」と買い物を依頼されることがよくあります。いわゆる代理購入というやつです。

この代理購入、友達に頼まれた場合はたいてい無償ですが、手数料を取れば商売になるということで、Facebookやオークションなどを使って積極的に依頼を受けている人も多いです。日本で話題になっている爆買いも、自分のためだけでなく実は旅費を稼ぐための代理購入だったり。中華圏の人はしたたかなのです。

代理購入サイト「跑客幫」

で、代理購入についてさらに調べていたら、こんなサイトを見つけました。

跑客幫(パオクーバン)には2つの機能があって、

  • (台湾から)海外へ行く人に、代理購入を依頼できる
  • (台湾から)海外へ行くときに、代理購入の依頼を受けられる

ひとことで言うと、買いたい人と売りたい人をつなぐ代理購入のマッチングサイト。Facebookやオークションだと連絡交換が煩雑になりがちなので、便利なサービスだと思います。世界157カ国対応ということですが一番人気なのはやっぱり日本。たくさんの代理購入依頼が出されています。

というわけで試してみた

前述のとおり僕はときどき日本へ帰っているので、試しにこの「跑客幫」を使って代理購入の依頼を受けてみました。前おきが長くなりましたが、この跑客幫で代理購入の依頼を受けてから報酬を得るところまで、大まかな流れを説明してみたいと思います。

概要

手順としては、

  1. 受けたい依頼を探す
  2. 依頼を受ける
  3. 指定された商品を購入する
  4. 台湾に商品を持って帰る
  5. 跑客幫に商品を引き渡す
  6. 報酬を得る

という流れになります。
ではトップページにアクセスするところから見ていきましょう。

トップページ

跑客幫トップページ

このサイトでは、代理購入をしたい人は「跑客」と呼ばれています。トップページの右側、「跑客」と書かれたボタンをクリックすると跑客ユーザー向けのページへ遷移します。ちなみに依頼者は「買客」です。

跑客ユーザー向けトップページ

跑客向けページ

跑客ユーザー向けページでは、買客から依頼(懸賞單)が出された商品が並んでいます。すでに募集終了している商品も含まれているので、左上の「待承接懸賞單」をクリックして募集中の商品を絞り込みます。国の選択も忘れずに。

依頼詳細(懸賞單)を確認する

依頼詳細

商品をクリックすると依頼の詳細情報が表示されます。
ここでは、

  • 買家出價=依頼者(買客)から提示された価格
  • 商品價格=現地での販売価格
  • 估計佣金=予想される利益
  • 交貨期限=代理購入の期限

などがわかります。この商品だと、

  • 買家はNT$12,064を提示
  • 日本での販売価格はNT$7,868(26,018円)
  • この代理購入を受けると差し引きNT$4,196儲かる
  • 依頼を受けてから14日以内に持ち帰ることが条件

ということになります。
下の方に質問掲示板(問與答)があり、報酬の値上げや期日の交渉が盛んに行われているのが面白いです。とんでもない額をふっかける跑客もいます(笑)

依頼を受ける場合は青いボタン(我要接單)をクリック。
ここで注意ですが、依頼を受けるにあたって保証金として買家出價の10%を先に支払う必要があります。上記の例だとNT$1,207。この保証金は依頼が完了したときに報酬と一緒に返還されます。

なお、保証金はクレジットカード(JCB・VISA・MASTER・U CARD)もしくは銀行口座(網路ATM轉帳)で決済することができます。

上記の電子レンジは高報酬だけれど持って帰るには重すぎ。比較的軽くて報酬の良いものを探した結果、オムロンの体重計3台を代理購入することにしました。10,000円程度の商品を代理購入して報酬はNT$800(2,700円)。なかなか悪くありません。

MYページ

保証金の支払いが済むと正式に依頼を受けたこととなり、會員中心(MYページ)に依頼情報が表示されます。なにか買客に質問があれば「代買私訊」を使って連絡することができます。報酬交渉していた公開掲示板と違いこちらは非公開。

会員登録(註冊)

会員登録

順番が前後しましたが、会員登録について。
会員登録自体は、

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード

を入力するだけなので簡単。
Facebookアカウントを使って登録することもできます。

ただし、住所や電話番号などの個人情報は依頼(懸賞單)を受ける際には必須となるので、いずれにせよ後から入力することになります。

商品を購入する

日本に帰ったら指定された商品を購入します。依頼情報には参考としてAmazonなどの商品リンクが付いていますが、たいていはどこで購入してもOK(指定されている場合は依頼に表示があります)。なるべく安い店を探しましょう。

商品

今回は参考として提示されていた通りAmazonで購入しました。5kg程度なのですが手提げで持つと意外と重く、帰国時にすこし後悔。なぜ僕はこんなめんどくさいことをしているのだろう。

跑客幫へ商品を持っていく

台湾に持ち帰った商品は、

  • 跑客幫へ郵送する
  • 跑客幫へ直接持っていく
  • 空港送迎(購入金額NT$50,000以上)

のいずれかで跑客幫に引き渡します。
郵送料は自己負担だし、跑客幫のオフィスも覗いてみたかったので、今回は直接持っていくことにしました。

新店區公所駅

跑客幫のオフィスは台北MRTの新店區公所駅から徒歩1分、というか駅と同じビルにあります。1番出口を出たらすぐ左(写真では右)にエントランスがあります。

跑客幫オフィス

エレベーターで4階へ。
思った通り小さなオフィス。

書類に記入

担当者に商品を渡し、書類にサインしたら手続きはあっさり終了。
このあと跑客幫側で商品確認などの作業があり、引き渡しが正式に承認されるまで1週間ほど待ちます。

報酬を仮想通貨で受け取る

電子マネー管理画面

商品引き渡しが承認されるとお知らせメールが届きます。會員中心(MYページ)から「電子錢包(ウォレット)」を見ると、代金を仮想通貨の形で受け取ったことが確認できます。仮想通貨?と思うかもしれませんが、まあアフィリエイトの報酬と同じような感じですね。

ちなみに、依頼を受けるときに保証金を支払いましたが、これも実はクレジットカードで仮想通貨を買ったという形で履歴が残っています。

銀行口座で現金を受け取る

この仮想通貨を現金に替えるには、台湾の銀行口座に移す手続きが必要です。ちょっと面倒ですが、台湾で銀行口座をつくること自体は旅行者でも可能です。

すでに口座を持っていて、サイトに口座情報を入力していればあとは赤いボタン(申請提領)をクリックするだけなのですが、これが承認されるまでにさらに1週間。

通帳

忘れた頃に振り込まれていました。
これにて代理購入完了、おつかれさまでした。

まとめ

実際に現金を受け取るまでには時間がかかりましたが、手順自体はとてもシンプル。気軽に利用できるサービスだと感じました。

個人で代理購入を副業にしようと考えた場合、心配なのはお金の受け渡しなどで起きるトラブルだと思います。依頼側からすると個人に住所などを知られたくないという懸念もあるでしょう。

跑客幫の場合は第三者が間に入ってエスクロー的な役割を果たしてくれます。今のところ台湾の銀行口座でしか現金を受け取ることができないのが気になりますが、これなら安心して代理購入することができますね。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾252日目、交流会に参加してみる 日曜日。Facebookで募集していた日台交流会「Friends日台」に参加してみました。 台湾にも日本にも台湾人・日本人の交流を目的としたFacebookグループがあり、このFriends日台もその中のひとつ。ほぼ毎週日曜に台北市内・東京都内のカフェで同時に開催 […]
  • 台湾96日目、猫がいるカフェ「極簡 cafe」 前に旅行で来たときに行った、猫がたくさんいるカフェが師範大学の近くにあるというのを思い出したので、今日は授業が始まるまでそこで勉強することに。 極簡 cafe(Minimal […]
  • 台湾274日目、霞海城隍廟で縁結び 言語交換相手に誘われて、勉強のあと迪化街の霞海城隍廟というところに行ってきました。ここにはいろいろな神様が祀られているのですが、特に縁結びの神様である月下老人を祀っていることで有名です。 縁結びには用が無いけど、行ったことないし面白そう!と思って来てみたら […]
  • 台湾155日目、郵便物が受け取れない 僕が住んでいる建物には、まだ郵便受けがありません。 なので郵便物は床に配達。 (ドアはオートロック) これをいつのまにか誰かが建物内の棚に集めてくれているのですが、雑然としすぎてどれが誰の郵便物なのかさっぱりわかりません。他の入居者もそうらしく、誰 […]
  • 台湾8日目、1週間の出費まとめ 台湾生活も2週目に突入。 ということで、レシートは全部保管してあるので、1週目に使ったお金をまとめてみたいと思います。なんとなく台湾(台北)の物価感が伝わればいいなと思います。 ※NT$1(1台湾ドル) = […]
  • 台湾271日目、クラス変更してみようと思ったけど 新しいクラスでの授業も今日で4日目。 僕が通っているレギュラーコースは各クラス定員10人で、空きさえあれば始業から1週間の間はクラス変更することができます。いまのクラスには満足していますが、せっかく高い学費を払い貴重な時間を割いて学校に来ているので、すこしでも自分に合った […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です