2015.11.13 Fri

台湾250日目、標準語で話す

最近知り合ったITな人と飲みに行くことになったので、またナカジマくんを誘って熱炒へ。とりあえず飲みに行きましょう、となると行くのはたいてい熱炒。むしろそれ以外の選択肢を教えてほしいものです。

熱炒

僕は大阪人ですが、特に台湾に来てからは日本語初学者と日本語を話す機会が多いので、そういうときはなるべく標準語っぽい日本語で話すようにしています。ネイティブの日本人と話すとこの癖が抜けてないことに気付かされ、いつもきもちわるいです。でも大阪弁忘れた。

大阪人はどこへ行っても大阪弁とよくいわれますが、僕は岡山の大学に通っていたときは岡山弁に染まったし、彼女の筑豊弁を覚えて福岡県民に間違われることもありました。基本、いつのまにか相手の言葉に合わせていることが多いです。

思うに、大阪弁はお互いのリズムが一致することによって一体感・高揚感が生まれる言語なので、逆に言えば相手が大阪弁を話してないとあんまり意味がない気がするんですよね。落語より漫才が発達したのも道理だと思います。ならば、相手のリズムで話した方がまだ楽しい。

この理屈で中国語もさくさく上達すればよいのですが、さすがになかなかそうはいかないですね。ただ、中国語独特のリズムは心地よく感じてきたのでマネしていきたいところです。がんばろっと。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾259日目、プレゼン課題のDVD 先日、学校でプレゼンテーションの課題がありました。中国語で8分間プレゼンをしたのですが、このプレゼン課題は毎回ビデオ撮影されていて、数日後には編集されて各生徒にDVDが配られます。 この映像を見るのが、めちゃくちゃ恥ずかしい。 なので一度もまともに見てませんでし […]
  • 台湾245日目、TOCFLの模擬試験 昨日・今日とTOCFLの試験が開催されました。正式名称は華語文能力測験、英語でいうところのTOEFLに相当するものです。これは以前にも書きました。 http://taiwan.nackle.com/month07/1420 TOCFLを受けよう、とか言ってますね。 […]
  • 台湾254日目、プレゼン課題とピザ 台湾師範大学語学センターの授業にはプレゼン課題というものがあります。1人だいたい10分間程度の時間を使って、みんなの前で発表をするわけです。もちろんすべて中国語。密集班(インテンシブコース)だと必ず毎学期に1度はありますが、普通班(レギュラーコース)の場合はよくわかりません。 […]
  • 台湾270日目、唱歌學中文 朝から検査の結果を聞きに病院へ。 この病院の診察予約には時間指定という概念は無く、診察開始の8時になると予約番号に従って順に呼ばれるという方式。病院に来るのが遅くて順番を飛ばされた場合は、診察室にいる看護師さんに直接声をかければすぐ割り込めるみたいです。要するに若い番号を […]
  • 台湾243日目、期末試験があったらしい 今学期の期末試験が終わりました。 といっても授業自体はまだあと2週間ほど続くんですけどね。各クラスみな同じ教室で順番に試験をするので、期末ギリギリに試験の日が回ってくるとは限らないのです。 テストはひどい出来でした。 まあ、落第とまではいかないけど […]
  • 台湾317日目、学校でドラマを見る 「言語学習にはドラマを見るとよい!」などとよく言われますが、僕はドラマがとても苦手なので、日本にいたときはもちろん台湾に来てからもほとんど見ません。家にいる時間はほぼテレビを付けてますが、たいていニュースかアニメ。映像に対して集中力が1時間続かないのです・・・。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です