2015.11.06 Fri

台湾243日目、期末試験があったらしい

今学期の期末試験が終わりました。

といっても授業自体はまだあと2週間ほど続くんですけどね。各クラスみな同じ教室で順番に試験をするので、期末ギリギリに試験の日が回ってくるとは限らないのです。

期末試験

テストはひどい出来でした。
まあ、落第とまではいかないけど。

試験時間は1時間で、前半がリスニングとスピーキング、後半がリーディング・ライティング(普通の筆記試験)です。スピーキングは2問あり、1つは問題用紙上の文章をマイクで正しく音読。もう1つは質問に対して1分半以内で自由回答。目の前に相手がいない状態でただ一方的に話すのが、けっこうきついです。

前学期までは期末試験といっても範囲が広いだけで、問題の難易度自体は普段の小テストとさほど変わらないレベルでした。でも今回は特にリスニングが難しかったように思います。いつもより喋るの速くない?っていう。

筆記試験の方も時間がかぎられており、さくさく回答していかないと時間が足りなくなります。漢字を書くのが苦手な欧米圏の人は不利だと思います。彼らはゆっくりなら書けるけど、この試験時間では厳しい。学習の成果を測るのが目的の試験なのに、筆記の速さを過度に求めるのは不合理ではあるまいか。

週明けにはプレゼン課題のレジュメを提出、その翌週には本番。仕事の納期も重なって最近ちょっと忙しいです。10月遊びすぎた。ダーツしたい。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾259日目、プレゼン課題のDVD 先日、学校でプレゼンテーションの課題がありました。中国語で8分間プレゼンをしたのですが、このプレゼン課題は毎回ビデオ撮影されていて、数日後には編集されて各生徒にDVDが配られます。 この映像を見るのが、めちゃくちゃ恥ずかしい。 なので一度もまともに見てませんでし […]
  • 台湾254日目、プレゼン課題とピザ 台湾師範大学語学センターの授業にはプレゼン課題というものがあります。1人だいたい10分間程度の時間を使って、みんなの前で発表をするわけです。もちろんすべて中国語。密集班(インテンシブコース)だと必ず毎学期に1度はありますが、普通班(レギュラーコース)の場合はよくわかりません。 […]
  • 台湾203日目、作文課題 学校で作文の課題が出ました。 師範大学謹製の原稿用紙をもらいました。 学校の正式な課題なので、コンピュータで処理して採点するそうです。 テーマは「私の理想の生活(我理想的生活)」で、だいたい300〜500字くらい書けばOKとのこと。まあ、それくらいならなん […]
  • 台湾167日目、プレゼン課題 学校のプレゼンテーション課題が無事に終了。 師範大学の語学クラスでは毎学期の終盤にプレゼン発表の課題があります。今回は自分が行ったことのある場所がテーマで、持ち時間は10〜15分。準備不足だったのもありますが、1人で一方的に10分間中国語を話し続けるのはなかなかキ […]
  • 台湾186日目、発音の授業 台湾師範大学で中国語の勉強を始めてはや6ヶ月ですが、いまだに発音がめちゃくちゃ。 思えば日本では出発前に2ヶ月ほどNHKの中国語講座を見るくらいしか準備して来なかったし、師大の密集班(インテンシブコース)はガンガン教科書を進めていくのでちゃんと発音を習う機会はありません。 […]
  • 台湾102日目、ロールプレイ 夏学期2日目。 授業で2人1組のロールプレイをすることになって、僕は隣に座っていたフランス人と。彼が大家、僕が店子になって部屋を探しに来たという設定で練習。 僕「どんな部屋を持ってるの?」 仏「套房(いわゆる普通のアパート)があるよ」 僕「家具は付いてる?駅から […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です