2015.06.12 Fri

台湾110日目、今学期のメンバー確定と授業の進め方について

クラス変更の申請期間が終わり、今学期の同學(クラスメイト)が確定。

メンバーは初日からすこし入れ替わりがあって、ドイツ、フランス、イギリス、アメリカ、タイ、日本(僕含め3人)の計8人。これから3ヶ月間、このメンバーで勉強することになります。

台湾師範大学

先生も前学期とは違う人。密集班(インテンシブコース)なので、授業は3〜4日サイクル・前半で単語学習・後半で文法学習・最後に小テストがあるという流れは同じですが、やっぱり授業の進め方には違いがありますね。

前学期の先生

授業の進め方

前の先生は比較的若い先生でITリテラシーが高く、PowerpointやWEBを多用していました。感情表現に長けた人で、1人芝居を交えた説明がとても分かりやすかったです。1時間毎に休憩のチャイムが鳴るのですが、無視してキリのよいところまで授業を続行することも。

教科書をあまり気に入っていない様子で、よく「この例文はおかしい」というようなことを言っていました。教科書の「ロールプレイをしてみましょう」的な項目も無視。そのぶんの時間を文法説明に充てるような授業設計でした。

教室

英語の使用頻度

台湾師範大学語学センターの授業は原則として中国語しか使ってはいけないことになっているのですが、僕のクラスはまだ中国語を習い始めた人ばかりの初級クラスなので、やはり中国語のみで授業を進めるのは難しかったようです。

はじめは自重していた欧米圏の学生も徐々に英語で質問することが増え、先生も流暢に英語が話せるのでなし崩し的に英語での説明が多くなりました。英語が話せない僕はときどき置いていかれることも。

宿題

新しい単語は毎回書き取りの宿題が出ました。日本人にとって簡単な漢字でも関係無し。なぜかワークブックの作文問題は宿題の対象外でしたが、毎日なにかしら提出する必要があり、少なくとも1日1時間は宿題に割いていました。加えて予習も必要なので、わりとハードです。

テスト

筆記・リスニングだけでなく先生と1対1での口頭試問がありました。ただ、口頭試問の内容自体は授業中にあらかじめ練習しているものです。その段階で1人ずつかなり厳しくチェックされる(センテンスで答えられるようになるまで解放してくれない)ので、緊張はするけれど本番の試験はそれほど難しくは感じなかったです。

他のクラスは授業の合間に歌を歌ってみたりお菓子を食べたりというようなことがあったみたいですが、そういうものは一切なく、厳しかったけれど段取りも含めて全体的にうまくデザインされた授業だったと思います。

今学期の先生

授業の進め方

まだ1週間ですが、今回の先生は前学期ほどの厳しさはありません。学生に質問して順番に答えさせるというようなときも、前の先生はきっちりひと続きの文章で話すことを求めましたが、今度の先生は一言、二言ほど話して内容が伝わったらすぐに発言を引き取ってしまいます。

サクサク授業を進めていくことを重視しているように思います。ラクではありますが、これはあまりよくないかも。

プリント

年配の先生ということもあり、パソコンはまったく使わないわけではありませんが単語や例文を見せる程度。その代わりプリントをよく使います。内容は教科書に則しているけれど、足りていない部分を独自に補うなどアレンジされています。教科書とプリントを往復しながら授業が進みます。

英語の使用頻度

「授業中は中国語しか使わない」ということに関してはかなり徹底されていて、英単語ひとつで理解できそうなことでも中国語だけを使って説明をします。英語・母語を使ってはダメという雰囲気ができているので、今のところ英語で質問しようとする人もいません。これは僕にとっては好都合。

宿題

苦行のような漢字の書き取りも求められず、宿題が無い日すらあり、量も少なめ。ただ前学期より学生のレベルは高いように感じるので、ちゃんと自宅で予習・復習しておかないと周りについていけなくなりそうな危機感はあります。

テスト

筆記とリスニングだけで、今のところ口頭試問は無しです。
(追記:結局口頭試問は最後までありませんでした)

まとめ

クラス表

上の写真は開講クラスの一覧。これだけたくさんクラスがあるので、人によって合う合わないは当然ありますよね。僕はいまのクラスに不満はありませんが、前学期の方が授業自体の質は高かったなとは感じてます。

不満がある人はクラス変更申請期間中に他のクラスへ移るわけですが、行ってみないとそのクラスの雰囲気は分からないし、移った先が必ずしも前より良いとは限りません。

初日に同じクラスにいた子が他のクラスに移動して、合わなかったのでまた僕たちのクラスに戻ってこようとしたのですが、すでに定員(8人)が埋まってしまって入れず、難民状態になっていました。

そういうこともあるので僕はクラス替えはしないことにしているのですが、期間中にもっといろんなクラスの人と情報交換できればいいのになとは思いますね。やってる人はやってるのかな。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾102日目、ロールプレイ 夏学期2日目。 授業で2人1組のロールプレイをすることになって、僕は隣に座っていたフランス人と。彼が大家、僕が店子になって部屋を探しに来たという設定で練習。 僕「どんな部屋を持ってるの?」 仏「套房(いわゆる普通のアパート)があるよ」 僕「家具は付いてる?駅から […]
  • 台湾98日目、春季クラス終業日 お昼までいつもの学生さんと言語交換。 日本語の「が」と「は」の使い分けは日本人でも難しい。どっちが自然かは言えるけど、なぜそうなのかを説明しないといけないので大変。その説明を中国語か英語でしないといけないし。 結局最終的には説明を放棄して学内を歩いていると、 […]
  • 台湾51日目、プレゼンいまいち 今日は学校の中間課題で7〜8分程度のプレゼンテーションを中国語でするという日。前にも書きましたがテーマは自由なので僕はハリネズミを選択。せっかくなのでそれなりにちゃんとプレゼンしてみたいなと思い、Preziというオンラインツールを使ってみることに。 これが本番でう […]
  • 台湾15日目、初授業 今日から授業開始。 緊張のせいか便秘のせいかおなかがいたい。 僕のクラスは14時20分〜17時10分までの3時間。僕以外は日本女3、韓国女、オーストラリア女、ドイツ男、オランダ男の8人構成。オランダ人の40歳が一番上かな?ドイツの人もたぶん同じくらい。弟気質なので上がい […]
  • 台湾55日目、言語交換 語学センターに紹介してもらった学生と言語交換。 今日はお昼に大学で待ち合わせて会うことに。 そういえばまだ一度も撮ってなかった、これが台湾師範大学です。でも僕が毎日通ってる語学センター(MTC)はこっちのメインキャンパスではなく、道を挟んだ向かい側にあります。ご […]
  • 台湾254日目、プレゼン課題とピザ 台湾師範大学語学センターの授業にはプレゼン課題というものがあります。1人だいたい10分間程度の時間を使って、みんなの前で発表をするわけです。もちろんすべて中国語。密集班(インテンシブコース)だと必ず毎学期に1度はありますが、普通班(レギュラーコース)の場合はよくわかりません。 […]

台湾110日目、今学期のメンバー確定と授業の進め方について」への4件のフィードバック

  1. ちゃそ

    初めまして!^ ^
    色々と飛んでナックルさんのブログに辿り着きました^o^

    私もいつかは台湾留学したいな〜と思ってるので楽しくブログ拝見してます!^ ^

    これからも楽しみにしてます^ ^

    中国語頑張って下さい♡

    返信
      1. ちゃそ

        台湾は何回か遊びに行ったことあります^ ^♡
        2週間前も行ってきました♡

        次は8月に行きます^ ^

        ちょっと勉強して行ったつもりだったんですけど、数字を聞き取るのが精一杯でした笑

        返信
        1. nackle 投稿作成者

          数字が聞き取れたら、買い物は困りませんね
          まだまだ暑いですが、満喫してください〜

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です