2015.03.10 Tue

台湾20日目、師大での授業の流れ

台湾師範大学での授業も4日目。
今日でやっと教科書の1課分を終えました。授業の流れが何となくわかってきたので、まとめてみようと思います。

教科書

教科書

いま使用している教科書は「當代中文課程」。以前は「實用視聽華語」が使われていて、これは台湾の他大学・語学学校でも採用されている「台湾で中国語習うならこれ」的な教科書だったのですが、昨年から代替わりしたようです。どちらも師範大学が自前で出版しています。

中身

もう少しどうにかならなかったのかというイラストと、おそらくWordで組んでいるであろう残念なページデザイン。「實用視聽華語」はもっとしっかりしてた気がします。

教科書はA4判で、全4巻(たぶん)全5巻各15課構成。入学時に行なわれるレベル判定テストによって、教科書のどの位置から授業を始めるかが割り振られます。僕は1巻の6課から。

授業時間

授業は月〜金までの週5日。僕はインテンシブコース(密集班)を選択したので1日の授業は3時間(週15時間)。教科書の1課を3時間×3日間で終えます。1クラスの人数は6〜8人。全体で4割くらいを占める日本人がなるべく均等に割り振られるように考慮されていると思われます。僕のクラスは8人で、うち僕も含めて4人が日本人。

授業内容

教室

師大での中国語学習は「繁体字+ピンイン」。ボポモフォは使わないので覚えなくても大丈夫です。僕も覚えていません。簡体字はよくわからないから繁体字がいいけどボポモフォは嫌、という人にちょうどよいと思います。ちなみに、台北で生活していてボポモフォに出会う機会はほぼありません。

授業内容自体はおおむね想像されるものと大差ないと思います。最初に教科書を皆で音読して、要所要所で老師が解説を加えます。授業は原則中国語のみということになっているので、説明はほぼ中国語、英語は2割くらい。理解が進めば随時1人1人に口頭試問があります。

この口頭試問がなかなかのプレッシャーで、知らない単語も混ぜてくるので一瞬躊躇うと何を言ってるのか全くわからなくなります。語彙が足りてないなあ。わからなければガンガン逆質問。「請再説一次(もう一度言ってください)」は僕が授業中一番よく使っているフレーズです。

英語は2割、といっても自分が質問したい内容が複雑だった場合どうしても英語頼りになるので、英語が使えると超有利。休憩中、欧米人のクラスメイトとの会話も頑張って中国語で話し始めるけど結局英語。いろんな人が言ってた「留学するならまず英語」はやはり正しかった。ドイツ人もオランダ人も普通に英語話せます。

宿題・テスト

宿題

課が始まる前日に、その課で習う単語の書き取りが宿題に出ます。小学生用のマス目入りノートにびっしりと書き込みます。日本人には慣れた作業ですが欧米の人は大変そう。1日目は教科書の問題(文の組み替え、穴埋めなど)、2日目は教科書付属のワークブック(CDを使った聞き取りなど)を家で解いて、3日目はまた次の課の単語書き取り、という流れ。もちろん毎回同じかはわかりませんが。

宿題だけこなしていれば授業的にはOKですが、僕のように覚えがわるいといきなり授業に臨んでも身になるものが少ないと思います。宿題プラス事前に通読、下調べなどの予習はした方がよいです。なかなか出来ていませんが。

授業中には毎回宿題テスト、3日目の最後には課全体の復習テストがあり、もちろん評価の対象になります。ちなみに、授業中での母語使用頻度も評価の対象になるようです。

レギュラーコース(普通班)の場合

レギュラーコース(普通班)の場合は1日2時間(週10時間)、1課を5日間で終えます。前にも書きましたがビザを更新したい場合は週15時間勉強しないと留学目的での滞在と見なされないので、残りの5時間分は図書館での自習や大教室で補助授業を聴講したりで埋めることになります。

それはそれで有意義だし、5時間分の行動を選択できることで時間のアレンジに余裕ができるかもしれませんが、僕はスケジュール管理が苦手なので逆に面倒だなと感じました。ちなみにインテンシブの人は補助授業への参加は必須ではありませんが自由です。

以上です。
これから台湾で中国語を習おうと思っている人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

他にもこんな記事があります

  • 台湾14日目、オリエンテーション 今日は朝から師範大学のオリエンテーション。 台湾に来て2週間、やっと学校が始まります。 女性(たぶん先生)による中国語での説明の後、男性(これもたぶん先生)が英語で通訳するというスタイルで進行。これ、中国語の説明を理解できる人が学生側にどれだけ居るのだろうか。 […]
  • 台湾15日目、初授業 今日から授業開始。 緊張のせいか便秘のせいかおなかがいたい。 僕のクラスは14時20分〜17時10分までの3時間。僕以外は日本女3、韓国女、オーストラリア女、ドイツ男、オランダ男の8人構成。オランダ人の40歳が一番上かな?ドイツの人もたぶん同じくらい。弟気質なので上がい […]
  • 台湾16日目、台北ランタンフェスティバル 初日の授業に参加してみて「油断するとガチで置いていかれる」と危機感を覚えたので、2日目からはiPadを持って行くことにしました。とても便利。いまいろいろアプリを試しているのでまた今度まとめてみたいと思います。思えば初日は、こんぼうも買わずに丸腰でフィールドに出るようなものだった […]
  • 台湾7日目、台湾師範大学語学センターの入学登録 今日は入学手続きの日。 書類提出や授業料の支払いだけでなくクラス振り分けの試験もあります。どうせ一番下のクラスになると分かっていつつも、緊張する! 中国語で「もう一度お願いします」って何て言うんだっけ?などとiPhoneで調べながら台湾師範大学の学内へ。語学 […]
  • 台湾26日目、若いのはいいことだ 授業の休憩時間、オランダ人の同学がボポモフォでスマホ入力してたので「ボポモフォできるの?すごいね」的なことを言ったら、激しくボポモフォの学習を勧められました。 中国語の発音を表現するにはボポモフォとピンインの2通りの文字があるのですが、彼曰く、ピンインはアルファベットだか […]
  • 台湾22日目、携帯を買う 昨日(21日目)の話なのですが、台湾で使う用のスマートフォンを買いました。台湾メーカーASUS(エイスース)のZenFone5、4G […]

台湾20日目、師大での授業の流れ」への3件のフィードバック

  1. 北村拓也

    はじめまして。
    46にしてこの3月から師大へやって参りました。
    テキスト1の6課からのクラスに配属されましたが
    老師の言っている事が聞き取れず、登校3日目にして辛くなってしまいました。
    4日目授業終了後、クラス替えを希望しましたが希望クラスに空きがなく
    難民と化してしまいました。。。
    元のクラスにもどり頑張るべきかなぁ。。。と思ってるんですけどね。

    返信
    1. nackle 投稿作成者

      はじめまして。
      序盤は折れない心が必須ですね!
      私も1年前、何度かくじけそうになりました。
      動揺するとますます聞き取れなくなるので、
      あせらず落ち着いていればそのうち耳が慣れてくると思います!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です